麻酔科医師(後期研修医を含む)を募集しております

当院では日本麻酔学会の認定病院の資格を受けており、現在、指導医6名、専門医4名、標榜医4名、常時5から6名の初期研修医で手術室を運営しています。また、週2日のペインクリニック外来も開いています。

平成28年の総手術症例数は一万件を超え10,504例(亀田クリニックを含む)で、そのうち麻酔科管理症例数は6,332件です。各科の内訳は外科948、呼吸器外科238、乳腺外科633、心臓外科252、整形外科834、泌尿器科858、産婦人科943、脳神経外科140、耳鼻科393、口腔外科103、形成外科262、小児外科60、血液腫瘍内科2消化器内科1、麻酔科1、心療内科93、循環器内科18,脊椎外科315、スポーツ医学221、不妊生殖科12、呼吸器内科4、です。

現在手術室数は18室あり、TAVIをはじめとする血管治療も盛んに行われています。 神経ブロックエコー、食道エコー、手術室モニターを初めとし麻酔関連器具も最新の物を揃えており、カルテや麻酔記録もすべて電子化し、麻酔科医にとって最もアップデートな働きを可能とする環境になっています。 将来はope室を拡充し3万規模の症例をこなせる病院を目指しています。

来年より導入される新麻酔科専攻医制度にいち早く対応し、基幹研修病院である当院は豊富な症例を活用し、他の病院へ出向することなく、当院のみで麻酔科専門医の受験資格に必要な麻酔症例を得る事ができます。

また、新たに麻酔科後期研修医プログラム(下記参照)を作成し、麻酔専門医のみならず、当院集中治療科にて集中治療専門医を目指せるコースも創設し、将来集中治療医を目指す先生にも対応しています。 

さらに、当院はペインクリニックの認定病院であり、ペインクリニック医を目指す先生も研修も可能です。

当院麻酔科で勤務を希望される方はぜひご連絡下さい。

------------------------------------------------------------------------------------------------

亀田病院麻酔科後期研修医プログラムについて
麻酔科主任部長 小林収


1)当科の麻酔科後期研修医プログラムは A)麻酔科専従コースB)麻酔・集中治療専門医取得コースの2コースに分かれています。 

A)麻酔科専従コースは来年度より導入される麻酔専攻医制度に準じ、当院の豊富な症例(約8,000症例)を生かし、麻酔基幹病院として、当院のみで専門医に取得に必要な症例をすべて経験出来るようになっています。 また多岐にわたる麻酔症例を経験し、専門医・指導医として十分な知識・技術を備えるのみならず、教育者・科学者としての指導力をも発揮できる麻酔科医を育てる事を最大の目標としています。(プログラム詳細は以下A)。またペインクリニック認定施設でもありペインクリニックの研修も可能です。

一方、B)麻酔・集中治療専門医取得コースは当科の麻酔科研修と集中治療の研修も平行して行い、麻酔科専門医取得後はICU専門医を目指すコースです。(プログラム詳細B)

2)研修期間4年
(ア)前期は上級医とともに手術内おける麻酔症例を通じて研修を行う。 後期はriskがASA3以上以外は単独で麻酔症例をこなし、主に心血管系の重症系の麻酔研修を行う。 また本人の希望に応じて集中治療、painクリニック等の研修も行う。
(イ)カンファレンス
 ①毎朝8時より自分の担当症例のプレゼンテーションを行う。
 ②火曜日と金曜日に朝7:15分より症例検討会、抄読会を行う。
(ウ)学会活動
 ①後期研修は日本麻酔学会、日本臨床麻酔学会、関東甲信越麻酔学会地方会、ペインクリニック学会、EPAS、ASAその他の麻酔関連研究会において年に2回以上の学会発表を行う。
 ②学会発表後は出来るだけ論文化し雑誌への投稿を推奨
 ③当院は日本麻酔学会の認定施設である。

3)終了時に麻酔科指導医の受験資格を有します。麻酔科専門医取得後は集中治療医専門医、ペインクリニック専門医などさらなる専門医取得を奨励しています。

4)亀田総合病院を基幹研修施設とし後期研修終了後5年目以降は他大学、関連病院の短期国内留学を認めています。

5)現在当院麻酔科指導医数は13名です。

小林 収  日本麻酔科学会指導医
高橋幸雄  日本麻酔科学会指導医
中村京一  日本麻酔科学会指導医
鍔木紀子  日本麻酔科学会指導医
安保佳苗  日本麻酔科学会指導医
吉沼裕美  日本麻酔科学会指導医
重城 聡   日本麻酔科学会専門医
宇山裕也  日本麻酔科学会専門医
日野智子  日本麻酔科学会専門医
亀田奈々  日本麻酔科学会専門医
杉村憲亮  日本麻酔科学会専門医
高島恵理  麻酔科標榜医
今井恵理哉 麻酔科標榜医

専門医取得状況(2009-2014)は16名、JBPOT取得者5名

6)研修終了後の進路
岡山大学、東北大学、群馬大学、昭和大学横浜市北部病院、旭川大学、武蔵野日赤、豊城中央病院、聖隷浜松病院、国立癌センター等

さらに詳しいプログラムについてはこちら

更新日:2016/12/1

採用ポリシーを見る

上記の仕事に問い合わせする